会 則

(名称) 第1条 この会は全国民営肢体不自由児施設連合会といい、事務所を会長が属する施設内におく。 (目的及び事業) 第2条 この会は民営肢体不自由児施設の運営に関し、研究、協議し、もって施設の健全な運営をはかることにより、肢体不自由児の福祉の増進に寄与する。 この目的を達成するため、次の事業を行う。 1 運営に関する諸問題の調査及び研究 2 関係諸機関、団体との連絡提携及び折衝 3 会員相互の連絡、協調 4 その他、この会の目的を達成するために必要な事業 (構成及び会員) 第3条 本会の構成は、この会の趣旨に賛同する全国の民営肢体不自由児施設(公立民営、事業団経営を含む)の連合体であり、本会の会員は正会員及び賛助会員とする。 1 正会員  施設長及び事務長 2 賛助会員  職員及び父母の会員 (役員) 第4条 この会に正会員の中から次の役員をおく。 会   長    1名 副会長     2名 幹   事    若干名 会計監事    2名 2 役員は総会において選任する。 なお、補欠として就任する場合は、役員会において選任することができる。 (役員の任務) 第5条 会長はこの会を代表し、会務を総轄する。 2 副会長は会長を補佐して、会務を処理し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。 3 幹事は会務を審議掌理する。 4 会計監事は本会会計を監査する。 (役員の任期) 第6条 役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。 2 補欠として就任する役員の任期は前任者の残任期間とする。 (顧問) 第7条 この会に顧問をおくことができる。 (会議の種類) 第8条 この会の会議は、総会、役員会とする。 (会議の開催等) 第9条 総会は原則として毎年1回とし、必要ある場合は臨時に開催することができる。 役員会は必要に応じ随時とし、会長がそれぞれ招集して、当該会議の議長にあたる。 2 会議は正会員の2分の1以上の出席を得て開会し、議決を必要とする場合は、正会員出席者の過半数の同意を得なければならない。 3 総会は事業計画及び予算、決算等を、役員会は総会に提出すべき議案等をそれぞれ審議する。 (会費) 第10条 この会の事業を円滑に推進するため会費を負担する。会費は施設単位とし、年額70,000円とする。 (会計) 第11条 この会の経費は、会費、寄附金、その他の収入をもってあてる。 2 この会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日をもって終わる。 (会則の変更等) 第12条 この会の解散又は会則の改廃は総会の議決を経なければならない。 附 則 1 第11条第2項の規定にかかわらず、設立当初の会計年度は昭和55年2月26日より 昭和56年3月31日迄とする。 2 この会則は昭和55年2月26日より施行する。 3 この会則は昭和55年3月8日より施行する。一部改正。 4 この会則は昭和57年4月1日より施行する。一部改正。 5 この会則は平成2年4月1日より施行する。一部改正。 6 この会則は平成11年5月13日より施行する。一部改正。